無料ブログはココログ

おすすめサイト

« 2007年2月 | トップページ

2007年4月27日 (金)

リー・カンユーとマハティール


  現在のシンガポールではリー・シェンロン氏が首相で活躍されていますが、私が駐在していた頃のシンガポールではシェンロン氏の父親であるリー・カンユウ氏がシンガポール国民の信頼を受け活躍されていました。                                                                                              数年前の週刊誌にある記事が載っていましたが、日本の新聞はシンガポールのリー・カンユーとお隣の国マレーシアのマハティールを並べると、なぜかリー・カンユーをやたらと評価しマハティールにはむしろ冷たく対応しているとの評価が有りました。                                                                      シンガポールのリー・カンユーもマレーシアのマハティールも現在は共に引退し新しい首相に地位を譲り渡したいますが、私にとっては両者とも印象の深い国家元首でした。                                                        当時の週刊誌の記事によりますとマレーシアのマハティール氏は日本人にはあまり馴染みののないインド系マレー人という出身に対しリー・カンユーは中国でも優秀な民族である客家出身で戦時中には日本軍に殺されかけたエピソードの持ち主であった。                                                                                     また、同じように日本を見習へのスローガンのもと (Look East  !! 日本を見習え!!)共に このスローガンにより成功しながらシンガポールの国民所得はマレーシアの数倍にもなった優等生だからもしれないと書かれていました。                                                                                                                 どちらの首相も私が駐在時代には Look East のスローガンのお陰で心地よい、楽しいシンガポール駐在を経験させてもらい感謝しています。

2007年4月18日 (水)

シンガポール首相の給与後日談

 先日の新聞報道によりますと閣僚や高級官僚の年俸が大幅にアップされたシンガポールで野党がこの問題を議論する集会を開こうとしたところ、シンガポール政府は集会に招かれた欧州連合(EU)の議会議員ら7人の参加を拒否したそうです。                                                                                   また、シンガポール政府内務省はウエブサイトで                                                                                                       「外国人は我が国が許可した入国特権を利用して内政干渉すべきでない」との声明を発表しました。                                                                                                                    シンガポール警察署は集会を企画したシンガポール民主党に対し集会開催は不可能と通知したそうです。                                                                                                 また、入国管理局も欧州議会議員7人の集会参加許可申請を拒否したそうです。

2007年4月14日 (土)

シンガポール首相の給与


 シンガポール政府は4月9日 首相や閣僚の年間給与を大幅に引き上げると発表しました。                                                                                                                        リー・シェンロン首相 (シンガポールがマレーシアから独立した時活躍されたリー・カンユー首相の長男) の給与は25%増しのS$ 3,100,000 (約2億4,400万円) になったそうで、アメリカのブッシュ大統領の年間給与(US$440,000)の約5倍となったそうです。                                                    閣僚の平均給与も昨年度のS$1,200,000からS$1,600,000 (約1億2、600万円)に上昇することになりました。                                                                                                            うらやましい限りです。

ブログを再会しました



シンガポール滞在中の話題も出尽くしてしまいました。                                                                                     これからは日本で見聞きしたシンガポールのおもしろい話を見つけて書いていきたいとおもいます。                                                                                                                   また、私の趣味であるお酒、ビデオカメラなどの話をつれづれに書いていきたいと思っています。                                                                                                           これからもご愛読よろしくお願いいたします。

« 2007年2月 | トップページ

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31