無料ブログはココログ

おすすめサイト

« ▼シンガポールの建築事情(1) | トップページ | ▼エピローグ »

2007年2月 6日 (火)

▼シンガポールの建築事情(2)

 前回の続きとなりますが、韓国の大手ゼネコンの工事の進め方は日本のゼネコンといささか様子が違い技能職などの職人は全て韓国人で固めていました。                                                                韓国はご存じの通り国民皆兵制度を採っている国ですが、私が当時シンガポールで聞いたところ海外に出稼ぎに行く技能職の労務者は徴兵免除の特典が与えられていたらしい。                                                                                                                              韓国からの出稼ぎ労務者は1年間ほとんど休みを取らず働き、1年後稼いだお金を本国に持ち帰り、半年後再び出稼ぎにきていたらしいです。                                                                               勤務時間も朝7時から夜10時が定時でなおかつ残業勤務をしていました。                                                           また、出稼ぎ労務者とゼネコンの社員は同じ宿舎で、同じ釜の飯を食べ軍隊と同じ管理体制で仕事をしていました。                                                                                          当時の韓国人はオリンピック前の日本人と同じで非常に勤勉でまじめに仕事に取り組んでいる姿をよく見かけたものです。

« ▼シンガポールの建築事情(1) | トップページ | ▼エピローグ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/92326/5229559

この記事へのトラックバック一覧です: ▼シンガポールの建築事情(2):

« ▼シンガポールの建築事情(1) | トップページ | ▼エピローグ »

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31