無料ブログはココログ

おすすめサイト

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月29日 (金)

▼打合せ会議とレター(2)

 私がシンガポールに赴任して最初に担当した工事の設備工事業者の中にただ一社だけ日本の T 熱学がサブコンとして参加していました。                                                                      工事が着工してすぐ T 熱学のシンガポール支店長が我が社に挨拶にみえ、その時                                                「シンガポールスタイルでいろいろレターを書かせてもらうが宜しいでしょうか」                                                                            との打診があったので私もシンガポールでの仕事が始めてのため快く了承しました。                                            工事が最盛期になるとレターが毎日数十通も来るようになり、この返事を書くだけで業務の半分がつぶされる状態でした。                                                                                                      このようなレターに対して返事を書かないと相手側の発言を全て認めたことになるので大変重要な業務になります。                                                                              T 熱学のレターの例では                                                                                               【貴社との打合せにおいてダクト工がダクト取り付け作業のため貴現場に乗り込んだが建築残材の片付けが出来ていなかったためダクトのつり込み工事が出来ず工程が三日遅れた、この責任は貴社にある】                                                                                        というようなレターが毎日来る。                                                                                                         これらの返事をすぐ書かないと当社が三日の遅れを認めたことになるので何らかの反対意見のレターを書くことになります、私の書いた返信レターは                                                                     【ダクトのつり込み作業が出来なかったことは認めます、しかし多くの場所で作業ができるところが沢山あった、その工事をしなかったのは貴社の怠慢である】                                                                     このようなレターのやりとりが竣工まで延々と続くのがシンガポールスタイルとなっています。                                                                                                                また、前回述べた通りこのようなレターは施主、設計事務所など関係者全てに C.C.レターとして配られるので隠しようがない。                                                                          このようにひつこくレターのやりとりをするのは、シンガポールでは工事契約で工事遅延による罰金が非常に高く工事遅延になると必ず罰金を請求されるため、一種の自己防衛としてのレターのやりとりになります。                                                                                    ちなみに、雨による工事遅延も罰金を逃れる理由になりますので、雨が続くと必ずレターを出すことになります。                                                                                              このような厳しい工事契約でも日本の工事契約と違い建物竣工後の保証は一年間のみでその後発生した改修工事などは全て施主が金額を負担することになっています。(ただし、例外もあります)                                                              建物竣工後一年間は請負金額の 10 % をリテンションマネーとして施主がキープし一年後の検査が終了し、問題が無いと判明すると施主がキープしていたリテンションマネーを請負業者に支払ってくれることになっています。

2006年12月26日 (火)

▼打合せ会議とレター(1)

 シンガポールの事務所では日本と同じく会議の多い国です。                                                                      現場の工事事務所では必ず週1回の設計事務所主催による打合せ会議があります。                                議事の進め方は日本と同じく、行程説明、設計変更に対する指示などが主で、その他施主からの注文、要望などが議題になっています。                                                                                    会議で使う言葉は全て共通語である英語であるが、出席者の人種がいろいろあるため難しい話になると議長の指示で全体会議を一時中断して、各々の会社、グループで個別打ち合わせをすることが度々あります。                                                                                       この時は英語、中国語、日本語、タミール語などが飛び交い壮観なものである、この個別会議が終わるとまた全て英語だけの会議に戻ります。                                                                              また、我々の営業所内での会議でもローカルスタッフが一人でも参加すると全て英語だけの会議になります。                                                                                        英語が慣れるまで大変苦労した経験があります。                                                                           さて、会議の議事録(Meeting Minutes)は会議の出席者は勿論、出席していなくても関係する人には全て配布する事になっています。                                                                                     シンガポールは英国統治時代の伝統でレター重視の社会になっています。                                                                   このため、このような打合会議での最初の発言は前回の打合せ記録に訂正が無いかとの問い合わせから始まります。                                                                                     このように大量に発行されるレターは各々の会社に専属でいる私設手紙配達人(キャリヤー ボーイ)が全ての関係者にバイクで配達するしきたりになっています。

2006年12月23日 (土)

▼日本式地鎮祭

 日本の地鎮祭は神式で行うのが一般的です。                                                                                        我が社がシンガポール日本人中学校の新築工事を受注したときの地鎮祭は、出席者が全て日本人であり、建物が日本人中学校であるため式典はどうあっても神式にする必要が有りました。                                                                                                                         シンガポールでは前回述べたように仏式の地鎮祭の段取りは簡単に出来ますが神式での地鎮祭の段取りは非常に難しい問題があります。                                                                                     シンガポールには日本の神社が無いため神主さんも居ません。                                                                  日本から神主さんをお呼びするには費用も掛かりすぎます。                                                                         地鎮祭をどのように執りおこなうか思案しているとき、シンガポールに天理教が布教のため進出している情報が入り、早速当社の担当者がその天理教に出向き地鎮祭のお願いをしたところいとも簡単に引き受けて下さいました。                                                                                                     当日は完璧な神式の祭壇も完成し周りには紅白の幕も張り巡らし、神官の衣装装束も立派なものでした。                                                                                                      日本人の我々は神式の地鎮祭に出席すると、身も心も引き締まり、やはり私は日本人であることを改めて痛感いたしました。                                                                                                       地鎮祭の話の最後になりますがシンガポールでは二番目に勢力のあるマレー系の地鎮祭を経験することは出来ませんでした。                                                                                            マレー人の信仰する回教徒は偶像崇拝を禁止していますので地鎮祭そのものを行わないのかと思いますが、この点はよくわかりません。

2006年12月18日 (月)

▼インド式地鎮祭

 シンガポールのヒルビューにインド系シンガポール人の施主がフラッテド ファクトリー(工場ビル)を建てることになり、この新築工事を当社が受注し着工前の【ヒンズー教式の地鎮祭】に出席する機会がありました。                                                                                        この地鎮祭を執りおこなうために当社の担当者が施主のところに出向き打ち合わせをしたところ、お施主さんの方で全て段取りをするので我が社の人間は式に出席するだけで宜しいととのこと、ありがたくお受けして                                                                               「当日は何時から地鎮祭が始まりますか」と聞いたところ                                                                                                                                               「たぶん10時頃でしょう」と頼りない返事。                                                                                                とりあえず、当日我々は指定時間の10時に現地に行くと会場には祭壇も何もなく建設予定地の敷地の真ん中に垢だらけの素足のお坊さんらしき老人が一人ぽつねんと座っているだけ。                                                                                                                  そのうちお施主さんも集まり、くだんの老人はヒンズー教のお坊さんである事が判った次第です。                                                                                                       さて、いよいよ式典が始まるかと思いきや、一時間経っても、二時間経っても式典は始まらない。                                                                                                                        お施主さんに聞いたところ太陽が一番良い位置に来るのを待っているとのこと、太陽が見えない曇りの日はどうするのだろうと考えながら炎天下で待機していると、やっと【ヒンズー教式の地鎮祭】が始まり、くだんの垢まみれのお坊さん、おもむろに日本のスパーマーケットで売っているイチゴのパックの様なものを取り出して、これに水を入れ、バナナの葉の上に得たいの知れない食紅の様な赤い粉末を入れ、これに先ほどのパックから水を注ぎ泥だらけの指先で練り固め、汚い指で地鎮祭出席者全員の額になすりつけ (インド人の女性が額に赤い印を付けているのと同じ様なもの)                                                                              なにやらお祈りをして【ヒンズー教式の地鎮祭】は終わりました。                                                                         日本の神式の地鎮祭に慣れている我々は何とも不思議な体験でした。

2006年12月16日 (土)

▼中国式地鎮祭

 N 電気シンガポール工場新築工事の地鎮祭当日は日本からお施主の役員さんも出席され【中国式地鎮祭】で執りおこなわれました。                                                                                   式当日は皆様定刻通りに、暑い中ダークスーツを着てお坊さんの到着を待っていたが予定時間が過ぎてもお坊さんは到着せず、我々もまたローカルタイムであると考えていたが1時間過ぎてもお坊さんは到着しない、様子を見に行かせた我が社のローカルスタッフも帰ってこない。                                                                                                                  お施主さんもあまりの遅さに騒ぎ出した頃やっとお坊さんが到着、後でローカルスタッフに聞いたところ、くだんのお坊さんが                                                                                      「今、地鎮祭をするのには時間が悪いので良くなるまで行くわけにいかない」                                                        と頑張りいくらお願いしても動かなかったとの事、シンガポールのしきたりを知らなかった我々は冷や汗をかきました。                                                                                        さて、本番の地鎮祭であるが、仮設テントの中にテーブルを4脚並べその上にお供え物を四ヵ所同じ様に積み重ね、二人のお坊さんがテーブルの前で20分程のお経をあげる、これを合計4回繰り返してその後地鎮祭参加者全員に線香を手渡しお坊さんの後に従い敷地の角から角まで回る、敷地の角に来ると版画で印刷されたお金を燃やし各々がお祈りを捧げて【中国式地鎮祭】のお終いとなりました。                                                                                                全部の式が終了するまで約2時間近くも掛かり暑い中体力のいる地鎮祭でしたが無事終了し我々スタッフ一同ホットした記憶があります。                                                                                     シンガポールの仏教は小乗仏教であり、お坊さんの衣も地味で、お経も御詠歌の様に聞こえ、日本のお寺と違った雰囲気ですがそれなりに荘厳な地鎮祭が経験できました。

2006年12月14日 (木)

▼シンガポールの建築事情

 今までシンガポールでの生活、旅行、高級グルメ、B 級グルメと話が続いてきましたが私の本職での仕事に関した話をしなかったのでこのあたりでシンガポールの建築事情について述べてみます。                                                                                                    今までの話と違って難い話になりますがお許しください。                                                                                           また、当時と今ではシンガポールの建築法規も変わっておりいささか矛盾しているところもあるかもしれませんがお許しください。                                                                                           当社のシンガポールへの進出はインドネシア ジャカルタに次いで古く、また、当時は日本の大手ゼネコン5社が全てシンガポールに進出していて仕事の獲得にしのぎをけずっていました。                                                                                                                     私の在任中に当社が手がけた大物物件としては NOL Building、Tung Center、 Treasury Building、MRT(地下鉄)、DBS第2タワー、Haw Par Bira、海岸埋め立てプロジェクト (このプロジェクトでシンガポールの国土が3%増えたそうです) など建築ラッシュ状態で毎日忙しく過ごしていました。                                                                                               さて、このような忙しかったシンガポールの建築事情について話してみたいと思います。                                                  まず、日本のビル建築でも最初に執り行われる儀式は地鎮祭です。                                                            この地鎮祭は日本ではほとんど神式で行われますがシンガポールでは施主の宗教によりそれぞれ異なった地鎮祭 (Earth Breaking Ceremony) が行われます。                                                        次回から話す予定の【中国式地鎮祭】とは仏式の地鎮祭でシンガポールでは一番よく見かけられるものです。                                                                                                             この【中国式地鎮祭】を最初に経験したのが日本の大手メーカーである N 電気がシンガポール工場新築工事に際して執りおこなわれたもので、本来なら日本の会社であるので神式で執りおこなうのが普通であったが施主のたっての希望でシンガポール式の仏式で地鎮祭を執りおこなうことになりました。                                                                                    次回からいろいろな地鎮祭について述べてみたいと思います。

2006年12月10日 (日)

□ ノニヤ料理

 今までシンガポールで食べられる各国料理について書いてきました。                                                                       シンガポールではその他【韓国料理】、【台湾料理】、【香港麺粥】などの専門店、中国各地の専門の料理とバラエティーに富んだ料理を食べることができますが、最後の締めくくりとして【ノニヤ料理】をはずすことはできないでしょう。                                                                       【ノニヤ料理】といっても知らない方がたくさんいると思います。                                                                      この【ノニヤ料理】はシンガポール料理として位置付けされています。                                                                                 ノニヤとは女性のことでこれに対して男性のことをババ (日本ではババはお婆さんですが・・・・) と呼んでいます。                                                                                         ノニアの意味はマレーシア人から見て外国の婦人の意味があるらしくこの婦人の作った料理を【ノニヤ料理】と呼んでいます。                                                                                  シンガポールはご存じのとおり元来マレーシア領であり、この国に来た華僑婦人がマレー料理と中国料理のミックスされたものを作って食べていました、これが【ノニヤ料理】のルーツといわれています。                                                                                            当時この【ノニヤ料理】を売り物にしていたのがアポロホテルのコーヒーハウスでした。                                     このアポロホテルのコーヒーハウスでは毎日のランチタイムに【ノニヤ料理】のバイキングが提供され評判呼んでいました。                                                                                         味付けの特徴としては、麺料理で説明しますと中国料理の麺スープにココナッツミルクと唐辛子を利かせた独特のこってりした味付けになっています、その他の料理も南国独特のココナッツミルクがふんだんに使われた料理です。                                                                         この【ノニヤ料理】はおそらくシンガポール以外では食べることが出来ない料理と思います、シンガポールへ遊びに行かれた方は是非お試しください。

2006年12月 8日 (金)

□ 日本料理

 日本人である私が日本料理の話をするのも変ですが、シンガポールで食べた日本料理店の美味しかったお店を紹介いたします。                                                                                                     ここにでてくる店名は当時営業していた店で今でも営業しているかどうかは判りません。                                                         お店の経営者も日本国内の大手料理店から、また、完全にシンガポール人によるローカル日本料理店と多数あります。                                                                                                                中でもシンガポールでは古くからある老舗をあげるとミラーマ ホテルの中で営業していた【星ヶ丘茶寮】、セントラル ホテルにある【雲海】、オーチャード通りのエンサンビル最上階で営業していた【山源】、その他【おこう】、【串の坊】など有名店が沢山ありました。                                               シンガポールに長く住んでいますと無性に日本料理が食べたくなります。                                                            私がよく利用していたのが昼食は【星ヶ丘茶寮】(このお店の名前は食通で有名な魯山人が東京で開店したとことで知られていて、魯山人の物語によく登場する名前です)値段は比較的安く庶民的な味でした。                                                                                                               また、夜に酒を飲みながら食事によく通った店はエンサンビルにある【山源】でこの店は東京のマグロ専門問屋が経営しています。                                                                                      この店に東京本社から来星された N 部長を招待したところ、日本の高級寿司屋で食べるマグロより美味しいとの発言でした。                                                                                                    これも道理で【山源】では毎週2回東京築地から空輸されてくる新鮮な魚を食べさせてくれていました。                                                                                                          私もこの店が気に入り、月曜、木曜の夕方8時頃鮨カウンターに座ってお酒を飲みながら築地からの空輸便を待っていました、到着すると直ぐ目の前で魚を捌き食べさせてくれ贅沢な気分にひたっていました。                                                                                          その他高級日本料理店としては【なだ万】、当社施工の商業ビル「デルフィー オーチャード」の中で営業していたサントリー直営の日本料理店【燦鳥(サントリー)】などがありましたが、【燦鳥】は値段が高すぎてお客の不評をかい値下げした経緯もありました (この店は当時鮨カウンターで鮨を2,3カンつまみ、ビールを2杯飲んだだけで一人3万円近くかかっていて驚いていました)                                                                                                その他日本人個人経営による美味しい寿司屋がありよく通った記憶があります。 (この寿司屋の名前は匿名にいたしますが、当社の協力会社であるT 熱学が寿司店の内装工事を請け負ったが施主からお金が貰えず施主と話し合いの上借金分を現物払いと言うことで話がまとまり、T 熱学の支店長と現物払いの鮨をよく食べに通いました)                                                                      中華料理の食べられない方もこれだけ無数の日本料理店があり美味しい料理を毎日でも食べられますのでシンガポールへ遊びに行ってください。

2006年12月 4日 (月)

□ イタリー料理

 イタリー料理などは今の日本国内では日本料理と同じくどこでも食べられるのでわざわざここで説明することも無いが、ここで紹介するイタリー料理は我々日本人スタッフが昼食によく通ったレストランがあったので述べてみます。                                                                                     場所はシンガポール営業所のあるDBSビル地下1階にあるレストラン【タベルナ】です。                                                食事に行って【タベルナ】とはおかしな名前ですがこの店の「鶏のトマト煮」、「ラザーニヤ」とか「ピザ」が美味しい、昼食には近くの日本企業の社員で満員の状態です。                                                                             おそらく味付けが日本人向きになっているためでしょう、このようなレストランで昼食を食べていると日本の大手町あたりのレストランで食事をしている雰囲気になってしまいます。                          また、このレストランのハウスワインは安く美味しいワインで昼食時には欠かせない嗜好品の一つでした。                                                                                                      中華料理に飽きた頃よく利用していました。

2006年12月 2日 (土)

□ タイ バンコック料理

 タイ チェンマイ料理の話がでたついでにタイ バンコック料理について書いてみます。                                   私の好物であるタイ料理については今まで何度か述べてきましたが、私がバンコックで経験した美味しい料理について述べてみます。                                                                                    バンコックも華僑の街のため屋台もシンガポールと似ています。                                                                                          シンガポールの屋台でよく見かけるB級グルメである【海南鶏飯】も当地では【カウマン ガイ】と呼ばれ全く同じ味付けで売られています。                                                                                                      これらの屋台でシンガポールではあまりお目にかからないものと言いますと、魚、鶏類を空揚げにして売っている店が沢山あることです。                                                                                            また、麺類もおばさんが天秤棒にコンロと鍋をぶら下げて街角で麺類を売っています。                                                                                           タイ料理の特徴は前回にも述べましたように酸っぱい、辛い、甘い味で成り立っています。                                                                                                                                                    味付けはナンプラ、ピキニー(激辛唐辛子)、マナウ(柑橘酢)、パクチーなどで味付けされタイ料理独特の味付けとなっています。                                                                                                                                    まず、鍋好きの日本人には好評の【タイスキ】は海老、イカ、などの魚介類と野菜、豆腐などをごった煮にした鍋でこれらを浸けて食べるタレが各店で特徴を出しています、料理を食べた後のおじやは欠かせないでしょう。 (タイの主要都市に支店を持っている M.K.レストランはタイでも【タイスキ】で有名な店です)                                                                                              後、タイ料理で欠かせないのが世界三大スープの一つに数えられる【トムヤム クン】でしょう、これらタイ名物の【トムヤム クン】はそれぞれお店により味が違います、いろいろなお店の味比べをするのも楽しいです。                                                                                                                       以外に美味しく日本人向けの料理としては【グリーン カレー】です、野菜類のたっぷり入ったカレーは暑いタイ向きの料理と思います。                                                                                                                    そのほか珍しい料理としては名前は知りませんが【豚足の鶏版】と言った料理で、鶏の足 (日本では形からモミジと呼ばれています) の薄皮を剥ぎ甘辛く酸味の利いた調味料で和えたものでサラダ感覚で食べることができます。                                                                                 食感はコラーゲンの固まりのようなもので女性に人気がある?料理ではないでしょうか。                               最後に料理を注文するときに忘れてはならないのが【シンガー ビヤー】でしょう、日本のビールとは違いアルコール度数が7度近くありますので飲み過ぎにご注意ください。

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31