無料ブログはココログ

おすすめサイト

« □ イタリー料理 | トップページ | □ ノニヤ料理 »

2006年12月 8日 (金)

□ 日本料理

 日本人である私が日本料理の話をするのも変ですが、シンガポールで食べた日本料理店の美味しかったお店を紹介いたします。                                                                                                     ここにでてくる店名は当時営業していた店で今でも営業しているかどうかは判りません。                                                         お店の経営者も日本国内の大手料理店から、また、完全にシンガポール人によるローカル日本料理店と多数あります。                                                                                                                中でもシンガポールでは古くからある老舗をあげるとミラーマ ホテルの中で営業していた【星ヶ丘茶寮】、セントラル ホテルにある【雲海】、オーチャード通りのエンサンビル最上階で営業していた【山源】、その他【おこう】、【串の坊】など有名店が沢山ありました。                                               シンガポールに長く住んでいますと無性に日本料理が食べたくなります。                                                            私がよく利用していたのが昼食は【星ヶ丘茶寮】(このお店の名前は食通で有名な魯山人が東京で開店したとことで知られていて、魯山人の物語によく登場する名前です)値段は比較的安く庶民的な味でした。                                                                                                               また、夜に酒を飲みながら食事によく通った店はエンサンビルにある【山源】でこの店は東京のマグロ専門問屋が経営しています。                                                                                      この店に東京本社から来星された N 部長を招待したところ、日本の高級寿司屋で食べるマグロより美味しいとの発言でした。                                                                                                    これも道理で【山源】では毎週2回東京築地から空輸されてくる新鮮な魚を食べさせてくれていました。                                                                                                          私もこの店が気に入り、月曜、木曜の夕方8時頃鮨カウンターに座ってお酒を飲みながら築地からの空輸便を待っていました、到着すると直ぐ目の前で魚を捌き食べさせてくれ贅沢な気分にひたっていました。                                                                                          その他高級日本料理店としては【なだ万】、当社施工の商業ビル「デルフィー オーチャード」の中で営業していたサントリー直営の日本料理店【燦鳥(サントリー)】などがありましたが、【燦鳥】は値段が高すぎてお客の不評をかい値下げした経緯もありました (この店は当時鮨カウンターで鮨を2,3カンつまみ、ビールを2杯飲んだだけで一人3万円近くかかっていて驚いていました)                                                                                                その他日本人個人経営による美味しい寿司屋がありよく通った記憶があります。 (この寿司屋の名前は匿名にいたしますが、当社の協力会社であるT 熱学が寿司店の内装工事を請け負ったが施主からお金が貰えず施主と話し合いの上借金分を現物払いと言うことで話がまとまり、T 熱学の支店長と現物払いの鮨をよく食べに通いました)                                                                      中華料理の食べられない方もこれだけ無数の日本料理店があり美味しい料理を毎日でも食べられますのでシンガポールへ遊びに行ってください。

« □ イタリー料理 | トップページ | □ ノニヤ料理 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/92326/4466058

この記事へのトラックバック一覧です: □ 日本料理:

« □ イタリー料理 | トップページ | □ ノニヤ料理 »

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31