無料ブログはココログ

おすすめサイト

« □ 印度料理 | トップページ | □ ドイツ料理 »

2006年11月14日 (火)

□ イスラミック(ハラール)料理

 シンガポールにはマレーシア系のモスレム(回教徒)がたくさん住んでいます。                                                        これらの敬けんなるモスレムが食べる料理がイスラミック料理 (ハラール) です。                                                        回教徒は前にも述べましたが食事に対する戒律が厳しく、特に豚肉は食べることは勿論豚肉をかつて料理したまな板、包丁、食器も使用する事が出来ません。                                                                     羊、鶏は食べることが出来ますがこれも屠殺前にお祈りをしたという証明が付いていない羊、鶏は食べることが出来ません。                                                                                                     この様に戒律による食事制限のある料理なので我々日本人、中国人のように雑食人種には美味しい料理とは言えません。                                                                                            料理に使う油脂も動物油脂を使うことが出来ないので殆どの料理に椰子油を使用している。                                                                                                                     この椰子油は馴れない日本人には悪臭に感じる。                                                                                     また、回教徒は猫舌なのか殆どの料理が冷めた料理です。                                                                         シンガポールでこのハラール料理店を探すには、入り口の看板に三日月と星のマークのあるコーヒーハウスがそれです。                                                                                          シンガポールへ行かれて興味のある方はこの目印のあるお店を探すか、マレー人に聞けば場所を教えてくれます。

« □ 印度料理 | トップページ | □ ドイツ料理 »

コメント

各種の美味を堪能されてお出でで、羨ましい限りです。酒は勿論、食事もその土地で食するのが一番美味しいですね!フランス料理の項に飛びますが、ブリュッセル滞在中、レストランに行ってもろくにメニューが読めないので、駐在員の奥さんを引っ張り出してフランス料理店に行きました。引っ張り出した責任上、私の負担なので上等な物は食べられませんが、兎に角エスカルゴが食べたかった。料理にも由るのでしょうが、歯ざわりだけでそれほど美味しいとは思いませんでした。
注文するのは全て奥さん。総合的にはかなり美味しかったし、支払いも結構な額だったのだが、何を食べたのか意識に残っていないのが残念です。ただデカンタで赤白と大量に出されたワインが強烈に美味だったのは鮮明に記憶に残っています。その土地風土での食事は美味しいものですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« □ 印度料理 | トップページ | □ ドイツ料理 »

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31