無料ブログはココログ

おすすめサイト

« □ フランス料理(2) | トップページ | □ タイ チェンマイ料理(1) »

2006年11月25日 (土)

□ ベトナム料理

 ベトナムと言うと、サイゴン、サイゴンと言うとベトコンと連想しあまり平和な思い出は有りませんが、最近は雑貨類で若者に人気のベトナムは料理に関しても美味しい健康食を提供してくれます。                                                                                                                    当時ではシンガポールでも珍しかったベトナム料理店がシンガポール一番の繁華街であるオーチャード通りに開店いたしました。                                                                                       このベトナム料理店にシンガポール人の友人と初トライしてみました。                                                                                         料理は全く単純で、肉類も魚介類もすべて野菜といっしょにライスペーパーに巻いて食べる料理が主流です、もちろん米粉から作った麺である「ホー」も捨てがたい味がします。                                                                     全体的に味も癖がなく日本人向けの料理といえるでしょう。                                                                      味付けの特徴としては、どの料理にも香菜 (パクチー コリアンダー) がふんだんに入っていることと、生春巻きに浸けて食べる醤油はベトナム特産の魚醤 (ニョクマムと言って魚を塩漬けにして作った醤油、タイでは「ナンプラー」、日本では秋田名物の「しょっつる」が魚醤です) であることです。                                                                                              このニョクマムは「ナンプラ」、「しょっつる」と比べいささか違った味がします、おそらく材料になる小魚の種類の差と思います。                                                                                               日本の「しょっつる」などの魚醤などが抵抗なく食べられる人は問題ない食材と思います。                                                全体的に味はあっさりとしていていかにも健康食と思える料理です。

« □ フランス料理(2) | トップページ | □ タイ チェンマイ料理(1) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/92326/4305815

この記事へのトラックバック一覧です: □ ベトナム料理:

« □ フランス料理(2) | トップページ | □ タイ チェンマイ料理(1) »

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31