無料ブログはココログ

おすすめサイト

« ☆南洋ボケ | トップページ | ◇費用150円の海外旅行 »

2006年9月17日 (日)

☆密輸常習者

 密輸常習者とは過激な題目ですが、これは私自身の懺悔録です。                                                                        前にも述べましたが、我々シンガポール駐在員はグリーンカードと呼ばれる入国カードを所持しています。                                                                                                               このグリーンカードを持っていると一時帰国の時成田での入国審査は非居住者のブースで入国審査を受けることが出来ます。                                                                                        また、手荷物検査もグリーンカード所持の日本人は殆どフリーパスで通してくれることが判り、それ以来悪いことを知りながらシンガポールで買った高級ブランデー、とびきり上等のOGビーフを冷凍したもの、南国の珍しいトロピカルフルーツなどを鞄の隅に忍ばせ密輸入していました。                                                                                                ある時など善良なる税関吏が私のパスポートを見て長い海外勤務ご苦労様ですとねぎらいの言葉までかけてくれ誠に申し訳なく痛み入っていました。                                                                            さて、この様な悪いことばかりではなく皆様に合法的な酒類の持ち込み方法を伝授しますと、高級ブランデー、ウイスキーなどを出発国の免税店で日本に持ち込める3本以上を購入し、飛行機の中で持ち込みオーバー分の酒類の栓を開封することです、一度開封すれば税金の対象にはなりません。                                                                                               私はこの方法をシンガポールの行き来で利用していました。                                                                   さて、このグリーンカードの特権?も成田国際空港でたまに行われる麻薬撲滅キャンペーン期間中に遭遇すると、東南アジアからの旅客は特に厳しく審査されていました。                                                                     このありがたいグリーンカードも海外勤務が終わり日本に帰る時には一般の観光客と同じホワイトカードになっています。                                                                                                 私の友人の奥様は日本に帰るとき高級な毛皮のコートを買い込み日本に持ち込もうとしたところ入国税関で見つかり、税関吏にこの毛皮のコートはむこうで着ていた物ですと釈明したがベテランの税関吏はパスポートを調べ何処も寒い国に駐在した記録が無いことでがっちり輸入税を取られたとのことです。                                                                                                     最後に動植物検疫検査無しで輸入できるものは魚、蟹、海老類です、この理由は海は世界中つながっている、これらの魚、蟹、海老類は海の中では海外から日本近海まで泳いでくることも出来るという理由らしい。                                                                                                            また、果物類で動植物検疫検査なしで持ち込めるのはかの有名なドリアンだけです、このドリアンが検疫検査なしで持ち込める理由は判りませんが匂いが強すぎて虫も寄りつかないためでしょうか?                                                                                              ドリアン以外の果物類は動植物検疫検査を受けても輸入禁止で税関内で没収されます。                                           シンガポール名物のランの花は泥根がついていない限り検疫検査を受け持ち込むことが出来ます。                                                                                               ランの花はシンガポールのお土産で喜ばれる物の一つでした。

« ☆南洋ボケ | トップページ | ◇費用150円の海外旅行 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/92326/3471292

この記事へのトラックバック一覧です: ☆密輸常習者:

« ☆南洋ボケ | トップページ | ◇費用150円の海外旅行 »

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31