無料ブログはココログ

おすすめサイト

« ☆Singlish と Can Can 英語(2) | トップページ | ☆英語の勉強 »

2006年9月 5日 (火)

☆秘 書

 シンガポールに赴任して一番驚いたことは私みたいな若僧に Meary さんという優秀な秘書が付いたことです。                                                                                                   赴任当初は何をするにもさっぱり判らず、電話も満足に取れない状態でした。                                                           この私を助けてくれたのが秘書の Meary さんでした。                                                                      もちろん彼女は日本語は全く分からず私との会話は拙い英語のみでした。                                                                     赴任して半年あまりは設計事務所などに打ち合わせに行くときには必ず彼女を連れて行き、私の話したこと、相手の話したことを全て速記させ、難しい返事は全て後ほど回答すると言い、打ち合わせ後事務所に帰り先ほどの速記をタイプに打たせ、それを読んでよく理解した上で返事のレターを彼女にタイプさせていました。                                                                   また、最初の半年間は単身赴任だったため、シンガポールでは恒例のパーティー (支店長交代パーティーなど) は殆どが夫婦同伴のため Meary さんが家内の代理を務めてくれパーティーに出席していました。                                                                                             また、馴れて来るに従い業者の見積金額の値引き交渉まで彼女がやってくれるようになり、私が忙しいときにはこの様なカタログをそろえてくれと依頼しておくとメーカーに手配し必要なカタログを揃えてくれていました。                                                                              この様な優秀な秘書も仕事が暇になったら私にたいして、もっと仕事量を増やしてくれとクレームを付けてくる、日本の会社の OL の様にさぼることを知らないらしい。                                                                             この様にシンガポールの女性は自分の仕事に忠実であり、優秀でした。                                                            日本の会社にもこの様な優秀な人材がたくさんいると仕事の効率が上がり、しいては人件費の節約になると思うのですが・・・・・・

« ☆Singlish と Can Can 英語(2) | トップページ | ☆英語の勉強 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/92326/3325209

この記事へのトラックバック一覧です: ☆秘 書:

« ☆Singlish と Can Can 英語(2) | トップページ | ☆英語の勉強 »

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31