無料ブログはココログ

おすすめサイト

« ◆子豚の丸焼き | トップページ | ◆燕寓料理 »

2006年7月 4日 (火)

◆魚翅料理(Shark's Fin)

 表題通り今回は超 A 級料理を紹介いたします。                                                                    【魚翅料理】は全ての日本人がこれを見てホーと感嘆のため息をつきます。                                                       我々はこの【魚翅料理】をシンガポールでも名店に属する同楽魚翅酒家(Tung Lok Shark's Fin Restaurant)によく食べに行きました、この店の【魚翅料理】は豪勢で大ぶりの魚翅を姿煮にしたもの、蟹黄魚翅(蟹の卵入り魚翅スープ)、名前は忘れましたがえらい手間のかかった料理でモヤシ(タオゲ)の中の空洞に魚翅を一本、一本ずつ差込それを炒めた料理など美味しい料理を出してくれます。                                                                                                魚翅の素材そのものは味も、匂いもなくただ食感が良いだけで、いかにだし汁、スープを高級素材で取るかで【魚翅料理】の味の決め手になると思います。                                                                   シンガポールでの【魚翅料理】の食べ方は、姿煮は素材そのままの形を楽しみながら食べますので日本と同じですが、蟹黄魚翅や魚翅スープ類は付け合わせに出てくる味の付いていない茹でモヤシ(タオゲ)をスープの上に乗っけて食べるのが普通です、また現地の人はこの上に黒酢をかけて食べています、シンガポールのレストランは何処でもテーブルの上に黒酢は常備されています。                                                                                  この食べ方が懐かしく、美味しいので日本に帰国した時同じような方法で食べようと思いウエイトレスに黒酢を注文しましたがほとんどの店では在庫なしと言うことで断られてしまいました。                                                                                                                今は健康食ブームで黒酢は何処のスーパーマーケットで売っていますので試してみては如何ですか?                                                                                                       最後にこの高級素材である魚翅のほとんどは日本の気仙沼で水揚げ、加工され、香港に輸出されたものがシンガポールに入っています、値段が高くなるわけです。

« ◆子豚の丸焼き | トップページ | ◆燕寓料理 »

コメント

グルメを涎が出る思いで読ませて頂きました。その中に「バダン料理」なる物がなかったので、これこそインドネシア特有なのかな?と思っています。地方の汚らしい専用?食堂でテーブルに着くと、何も言わない内に一品ずつ皿に盛った何種類もの料理がすごい速さで出てきます。テーブルが一杯になると、互い違いに二階建てで並べられます。典型的なインドネシア風味の料理で美味しいのですが、何時調理されたのかは不明です。ここで指の出番。ドロッとした煮魚、鶏肉、何かの揚げ物など。これらをご飯を盛った皿に取り分けて混ぜながら食べますが、食後の現地人の手が、さらっとしているのは謎のままです。食べた量で清算されますが、手を付けた食べ残しはどうするんでしょう?

サテー。私はこの焼き鳥風串焼きが大好きでした。インドネシアではサテー・アイアムと言っていましたが、ファミレス風食堂のメニュウーにも有ったかと思います。サテー専用の屋台は住宅街にも出没。塩焼きとゴマだれ味の2種類だったと記憶しています。さっぱり味で、小ぶりで軽いのでビールのツマミに最適。よく食べた事を懐かしく思い出して居ります。

グルメ。ふかひれはジャカルタでも単なるスープとして良く口に入りますが、姿煮とは驚くばかりです。そして、子豚の丸焼きや北京ダック。体調を崩して居る私には、読ませて頂くだけで元気が出そうなお話しです。中国系料理特有の香ばしさが、我が家の中に漂ってきそうな気配で、口の中には唾が湧いてきております。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/92326/2491658

この記事へのトラックバック一覧です: ◆魚翅料理(Shark's Fin):

« ◆子豚の丸焼き | トップページ | ◆燕寓料理 »

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31