無料ブログはココログ

おすすめサイト

« ●日本のスポーツ新聞とVTR | トップページ | ●傭兵 »

2006年5月 3日 (水)

●徴兵制度

 シンガポールは徴兵制度をとっています。                                                                             18歳になると2年半のナショナルサービスと言われる兵役義務に付かなければなりません。                                                                                                                                                      このナショナルサービスでシンガポールの若者は鍛えられるのです。                                                    また、この2年半のナショナルサービスが大学在学など、何らかの理由で受けられなかった人は12年間の間、決まった日数をパートタイムで国民の義務を果たすようになっています。                                                                                                                         このパートタイムのナショナルサービスは兵役に限らず、警察官、消防士、女子の場合は国立病院の看護婦勤務などがあります。                                                                                       このパートタイムのナショナルサービスは社会的な身分に関係なく皆な平等に組み込まれています。                                                                                                        私の懇意にさせてもらっている設計事務所の取締役からあるときこの様な依頼を受けました  「Mr. Miyamoto 貴男の運転手のモハメッド君に、くれぐれもお手柔らかにと、お願いしておいて下さい」とのこと、  良く話を聞いてみるとこの取締役さんはパートタイムのナショナルサービスで3日間の消防署勤務になっているそうで、この消防士の上司が私の運転手のモハメッド君にあたったらしいです。                                                                               パートタイムのナショナルサービスはこの様に社会的身分には関係なく組まれその期間中(通常2~3日間)の給料はシンガポール政府から支給されるそうです。

« ●日本のスポーツ新聞とVTR | トップページ | ●傭兵 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/92326/1656970

この記事へのトラックバック一覧です: ●徴兵制度:

« ●日本のスポーツ新聞とVTR | トップページ | ●傭兵 »

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31